今、日本サッカーのプロもアマも『個のレベルアップが必要だ』と云うことを指摘している指導者が多い。

ポジションが固定的なWMシステムでプレーしていた時代では、ポジションごとの役割がはっきりしていたため、『個のレベルアップ』は自分のポジションの役割を果たすためには、どんなプレーの上達をすれば良いのかは本人も理解し納得していたと思う。

しかし、やっているサッカーが益々流動化し、『個のレベルアップ』の要求は、自分のやっているポジションの本来の役割にプラスしたプレーの上達が必要となる。全てのプレーの上達は望むべくもないことであり、指導者は選手ごとに良く整理してあげる必要が高いのではないか。

サイドの選手は、DFであれHBであれWMスタイル時代のWINGの役割を果たすだけの能力を要求される。トップをやる選手は、1人であれ2人であれ前線での守備のためのプレーを要求される。

また、GKであっても自分のボールとなった瞬間、手でのスローであれ、キックであれ、どこにどんなボールをどんなタイミングでパスすると云う攻撃感覚が大切な要素となっている。

Comments are closed.