「攻守の基本」

 

サッカー少年達、そして少年サッカーコーチ達に伝えたいことがあります。
それは、「攻守の基本」です。

サッカーにおいて、攻撃の基本は、「2対1」ということです。
数的優位を作り、ドリブル、パス、シュートなどの選択肢を持ち、
常に攻撃に有利な状況を作ることが必要になります。

そのために、ポジショニングや、走る力(体力)なども必要です。

その反面、守備の基本は「1対2」になるということ。
1人で2人を守ることになります。

1人で2人を守るために必要なことは何になるでしょうか?

ボールに、ただ向かってしまったら、パスをされ、置き去りにされてしまいます。
2人をケアしようと、距離をあけてしまえば、ボールを持ってる選手にドリブルも
パスも多くの選択肢を与えてしまいます。

ボールとゴールの間に立てと言われることもあると思いますが、それは
やはりボールを持っている選手に多くの選択肢を与えることと同じです。

では、その時、守備はどのようなことを考えるべきでしょうか?

それは、「エリアとゾーンによって守ること」と「その順番を瞬時に判断する」ことです。

ただ、この順番を単純に説明することは非常に難しいことです。
何故ならば、試合の流れや、外的、内的なプレッシャー、天候など、
多くの目に見えない要素か関係してくるからです。

これは頭でわかっても実際にゲームの中、練習の中で、実践、体験するできる環境は
少ないと思います。

遠藤サッカーアカデミーでは、このような攻守の基本を中心にサッカーを学んでいきます。

こういったことを学んで、年齢を重ねていくのか?
こういったことを学ばずに、年齢を重ねていくのか?

攻守の基本をしっかりと学んで行くことは、サッカー選手として大きな転機だと思ってます。

まずは体験でも、見学でもいいです。
是非、遠藤サッカーアカデミーでサッカーを学んで下さい!

僕がサッカーの素晴らしさを伝えます。

ESA代表
遠藤雅大

================================================

ご登録よろしくお願いいたします!メッセージ、問合せなどもお待ちしております。

■facebookアカウント

https://www.facebook.com/ESAfrom2004/?ref=br_rs

■Twitterアカウント

https://twitter.com/enmasa115?lang=ja

■LINE公式アカウント※ID検索お願いいたします。

@ybi4736t

================================================

Comments are closed.