これまでオフトJAPANに始まり、代表チームは多くの外国人監督によって強化を図ってきたが、現日本代表監督はチームの主力選手達と心の交流が一番薄いのではないかの感が強くて心配だ。もし、そうであるならば監督の持つどんな優れたキャリアも活きてはこない。

今回の対マリでも1対1のデュエルに勝てという方針に基づく戦い方には程遠く、だから対ウクライナには日本人の良さを生かしスピードとリズムの変化を使うと、基本的な戦い方の方針を変えたことを発表した。

W杯本番までに、そんな難しい戦い方に変えられるのであろうか心配でならない。対ウクライナでは、長いパスが多少多くなっただけではないかと感じる。

W杯前のこの2ゲームを通じて個の強化で最も大切な点でもあり、積み重ねを失ったと感じる重要な2つのプレー。

一つは、CBのターンのスピードと角度、そして相手の切り返しのドリブルかトラップをした時に離れてしまう2点である。

このプレーからも裏が弱いこと、そして何より、如何に守備技術の強化を育成年代から積み重ねてきていないかをよく示していると象徴的なプレーだ。

その戦いの時、体の使い方が下手ではすまされない代表レベルでの大事な点なのだ。相手はその結果、ねらいを持ったシュートやクロスを打っている。

決してこの2試合で、相手選手の切り返しのプレーが鋭く速すぎるとは考えられなかった。

 

Comments are closed.