キャリア豊富な解説者も、またサッカーに係わるコメンテーターの人達も、テレビで語ることの大半は攻撃に係わることである。守備能力や守備技術に関しては、一言のコメントも解説も聞かれないことは何故なのであろうか。

Jリーグのサポーターをはじめとして、サッカーファンのサッカーを観る目の焦点がボールを操作する技術であることは間違いなかろう。

しかし、個の力であるいはグループの力で相手の攻撃を崩し、ボールを奪うことは、サッカーの観る大きな楽しみの一つである。

ボールコントロールのレベルやゲームのスタイルは、世界レベルに近づいて行っているのかもしれないが、守備に関してはJリーグであってもアマチュアレベルと云われても致し方ないシーンも多い。

度重なるハリル日本代表監督の要求があるにもかかわらず、1対1のまさに決闘の局面での弱さやボールを持った敵への寄せのスピードの低さやターンの鋭さの無さは、そう断ぜざるを得ない。

それらアマレベルの守備を相手にしての攻撃レベルであったことを、来たるロシアW杯で思いしらされないことを、ただただ願うのみである。

Comments are closed.