GREETING

こんにちは、遠藤雅大です。
私はサッカーは世界一の【個人スポーツ】だと考えている一人です。定められた人数かつ限られたゾーンとエリアの中、ボール1つを争い最終目的である勝利をつかむために、いかにどんな個性ある個人をどのように組み合わせGK・DF・MF・FWとグループ化し役割と狙いを理解させて組織化を図り勝ち負けを争うかのスポーツだからです。
だからこそ、どんな個人を育てられるか、どんな個人を持てるかは重要な鍵になります。サッカーの局面には、ボールのある場面・ボールのない場面があり、各ポジションの個人個人がその局面を勝つために原理・原則を理解し、お互いの特徴と役割を理解しあい、組織の長所・短所を理解していることは大前提です。

なぜなら、チームは生き物でありサッカーの局面においては、一つとして同じ場面はないからです。また、局面を勝つためには【目に見える要素】も大切ですが、それ以上に重要かつ結果を大きく左右するのは、【目に見えない要素】が影響し重要であるかつ必要であることを学び感じさせてくれるスポーツでもあります。
サッカーは奥深いです。肉体・精神を育ててくれる教育的要素を持つだけでなく、スポーツを通じて人間社会を学び感じることが出来、もっと言えば国際社会そのものであるとも考えています。

1993年のJリーグ発足後、日本国内は一気にサッカーブームとなり、特にサッカー選手を夢みる少年人口が急激に増えました。

世界各国、その国々が大切にしてきているサッカーの礎があると思いますが、本質や攻守の基本プレーは、FIFAによるルールの改正ありこそすれ選手への影響はあるものの世界共通です。固定的時代から流動的な時代と、現代は各ポジションの選手に求められることは、専門技術だけでなく、ゾーン・エリアを理解した攻守の基本プレー技術の両方が求められてきています。
その中で、日本のサッカー界は、多くの大先輩の方々の血と汗と涙との結晶によって生まれた知恵によって支えられており、今のJリーグやサッカー界があると私は考えております。

世界のサッカー界が常に学び発展を望んでいるように、私も一人の“サッカー人”として、指導者として【日本サッカーの礎】を学び大切に今後もサッカー人生を謳歌して行けるよう日々努力していきます。

TOPICS

インドアサッカー塾第1期は4月10日スタート

2004年より駒沢オリンピック公園総合運動場内体育館で行っております「遠藤雅大のインドアサッカー塾」の第一期が2018年は4月10日よりスタートします。   第1期全10回の日程(全て火曜日)は以下の通りです。……

2017年10月からトレーニング拠点が世田谷に戻ります

2004年から活動して13年を迎えたESAはこの10月、創立当初より活動してきた東京都世田谷区にトレーニング拠点を戻すこととなりました。 これまで同様、東京都内の広い地域から集まっている子どもたちへのトレーニングは変わり……

恒例の、神津島指導に行ってきました

みなさん、神津島を知っていますか?所在地は東京都、伊豆七島の1つとしてマリンスポーツはもちろんのこと、キャンプやバーベキュー、アスレチックなどのアウトドアの体験施設が満載の島です。 私はこの近年、ご縁あって東京都のスポー……

NEWS

メディア出演情報やESA・地域活動のお知らせやレポートなど随時更新していきます。

インドアサッカー塾第1期は4月10日スタート

2004年より駒沢オリンピック公園総合運動場内体育館で行っております「遠藤雅大のインドアサッカー塾」の第一期が2018年は4月10日よりスタートします。   第1期全10回の日程(全て火曜日)は以下の通りです。……

2017年10月からトレーニング拠点が世田谷に戻ります

2004年から活動して13年を迎えたESAはこの10月、創立当初より活動してきた東京都世田谷区にトレーニング拠点を戻すこととなりました。 これまで同様、東京都内の広い地域から集まっている子どもたちへのトレーニングは変わり……

恒例の、神津島指導に行ってきました

みなさん、神津島を知っていますか?所在地は東京都、伊豆七島の1つとしてマリンスポーツはもちろんのこと、キャンプやバーベキュー、アスレチックなどのアウトドアの体験施設が満載の島です。 私はこの近年、ご縁あって東京都のスポー……

みんなの“心のふるさと”ESAのOB会発足です

活動13年を迎えたESAはこのたび、OB会が発足することになりました。 多くの経験を積んで、サッカー強豪校と言われる高校に巣立った選手は40人を超えます。ESAを卒業した今も、ESAの活動に足を運んでくれています。後輩た……

BLOG

エンマサのサッカーへの熱き想いを随時更新していきます。

個のレベルアップ

  今、日本サッカーのプロもアマも『個のレベルアップが必要だ』と云うことを指摘している指導者が多い。 ポジションが固定的なWMシステムでプレーしていた時代では、ポジションごとの役割がはっきりしていたため、『個の……

親父のつぶやき

  日本サッカー殿堂掲額者の中に2006年、ビルマ生まれのチョウディンと云う日本サッカーの近代化に大きく寄与した人がいる。 チョウディン氏は、ビルマ政府から日本留学を命ぜられ時間の許される限り、神戸をはじめ全国……

「攻守の基本」

  「攻守の基本」   サッカー少年達、そして少年サッカーコーチ達に伝えたいことがあります。 それは、「攻守の基本」です。 サッカーにおいて、攻撃の基本は、「2対1」ということです。 数的優位を作り、……

ESA 事務局

お電話でのお問い合わせは、下記担当者まで。
担当:藤本 ( 090-6566-0442 ) 満田 ( 070-6448-6643 )

スケジュール

ESAのスケジュールはこちらから確認ができます。